タミフル服用による異常行動の真相について

タミフルというインフルエンザの薬があります。
体内でウイルスを抑える働きがあるため、回復が早く、タミフル以外の薬を使った場合に比べると、熱が下がるのも1日早いという報告もあり、正にインフルエンザを治すのにはうってつけの薬であるといえます。
その他にも、インフルエンザに罹る前に服用しておくと、感染しにくくなります。
ただしこの場合は、病気に罹ってから処方してもらうわけではありませんので、保険が適用されず、全額実費となりますので気を付けましょう。
またタミフルはひところ、異常行動が指摘されていました。副作用の一環と見られていますが、転落事故などもあったため、かなり騒がれたことがあります。
これが原因で、タミフルを服用するのが心配という人もいるようです。
しかし、多くの薬には副作用があるもので、それも開発を重ねるごとに改善の方向に向かっており、それはタミフルも同様です。
もし子供にタミフルを服用した場合は、一人にしないように、大人がそばについていてあげるといいでしょう。特に、インフルエンザに罹って熱がある場合は、決して一人にしないようにしてください。
また、薬を飲ませた後は、階段の上がり降りなどは極力避けるようにしましょう。
この異常行動は、脳症や脳炎によるものともいわれています。これらの病気は、インフルエンザウイルスの強い毒性により、免疫系に支障をきたすもので、しばしば異常行動や意識障害が見られるのが特徴です。
また脳症や脳炎とは別に、熱性けいれんの疑いもあります。このような事態を防ぐためにも、本当は症状が現れてからすぐにタミフルを服用した方がいいのです。
ただ、やはりタミフルを服用したために様子がおかしいと思われる時は、必ず医師に相談しましょう。