ウイルスの潜伏期にタミフルを通販すると良い

インフルエンザはだいたい12月頃から感染が始まって、1月から3月頃の季節がピークを迎えます。
人間がインフルエンザに感染したときには、2日間ほどの潜伏期間があってから3日目頃に症状があらわれます。
タミフルを始めとするインフルエンザ治療薬は、ウイルスに感染してから熱が出始めてから使用することが多くなります。
ただし、ウイルスの潜伏期間のうちにタミフルを服用することによって、インフルエンザの発症を抑制させることが可能です。
製薬メーカーの発表では、予防のためにタミフルを服用すればインフルエンザの感染率は、1.3%まで減少するとしています。
通常の場合には、熱が出るなどの症状があらわれてから、インフルエンザの検査を受けて、医師の処方によってタミフルを入手することになります。
医療機関を受診してタミフルの処方を受けるときには、体内において2日間ほどはインフルエンザウイルスに感染していることになります。
ウイルスが体内に潜伏している期間中に、タミフルの服用を行っておけば、症状があらわれることなくウイルスを死滅させることが可能です。
症状が出ていないうちに、予防の目的で医療機関でタミフルの処方を受けるときには、保険が適用されない問題があります。
予防目的に使用するときには、全額において自由診療に該当しますので高い費用がかかってしまいます。
インフルエンザを予防したいと考えているときに、費用を節約してタミフルを入手するためには医薬品の通販サイトを利用する方法があります。
海外の医薬品を個人輸入する形で販売している通販サイトがありますので、医療機関を受診するときよりも安い価格で医薬品を手に入れることが可能になります。