罹患後も除菌とタミフルを常備しましょう

インフルエンザは毎年シーズンになると流行してしまう感染症であり、ほとんどの人が一度は感染した経験があるものです。毎年違う型のウイルスが流行してしまうことから、何度感染しても毎年かかってしまうリスクが高く、免疫によって抵抗したいと考えたら予防接種を行っておくことが重要になります。予防接種によって予防できる可能性は高いものの、そのコストと手間とを考えて予防接種を断念する人も多く、時期を逃してしまってシーズン入りしてしまう人もいます。そういった際には十分な予防を行っていくものの、それでもなお感染してしまうことはしばしばあります。そういった際の今日の標準的な考え方は医療機関を受診してタミフルを処方してもらい、タミフルの服用によって治療を行うというものです。処方されたタミフルを飲み始めることによって症状が緩和されることも多く、症状がなくなってしまうこともよくあります。しかし、そういった場合でも処方された分のタミフルをすべて正しく飲み終えるということが重要になります。症状がなくなっても身体の中にはまだインフルエンザウイルスがいるからであり、その完全な除菌を行うことで耐性菌の出現を防止することができるからです。同様の理由によってタミフルを服用している期間は外出を避けて感染拡大を防ぐということも気にかけなければならないことです。こういったタミフルの服用による速やかな治療を経験すると、その恩恵の高さに感服することになるでしょう。インフルエンザの流行の程度によってはタミフルが不足するという事態も生じうることから、個人輸入で手に入れてタミフルを常備しておくと安心して毎年のシーズンを過ごすことができるようになります。